TOP | 会社概要 | 代表挨拶

代表ご挨拶
代表ご挨拶

株式会社ウィルコミュニケーションズ代表取締役 江畑康勝

株式会社ウィルコミュニケーションズ

代表取締役 江畑 康勝

北海道各地域のお客様に支えられ、昨年4月25日で創業20周年を迎えた事に深く感謝を申し上げます。合わせて弊社社員含め、弊社事業に関わる関係者様、全社員とそのご家族様に対し深く感謝申し上げます。
  
 弊社の主要事業であるスマートフォンを中心とした移動体通信事業では、お陰様で三期連続増収増益を果たし直近20期では年商19億円まで引きあげる事が出来、弊社は北海道内に拘り道民の皆様の為の携帯ショップ店舗網を展開している中、お客様の多様なニーズに応じたよりきめ細やかなサービス・対応を行う事を目的に、主軸ブランドであったソフトバンクショップ/ワイモバイルショップに加え、19期には弊社創業初であるauショップ事業を3店舗まで順次権利譲受し、営業活動を積み重ねてまいりました。
  
 昨年10月より携帯電話事業法改正により地域の携帯ショップの役割はインターネットでは簡単に出来ない様々な事や相談が何度でも安心してご来店頂けるリアルショップとしての最大価値が重要と考えております。ガラケー3Gからスマートフォンへシフトさせるお客様にも、弊社各店舗での購入メリットを全店の社員と共にお気軽に、画面の文字サイズから様々な地域のご相談をより一層高めた社員教育を強化してリアル店舗の使命であると考え、その中で、過疎化が進む北海道エリアにおいて弊社各携帯ショップが販売だけでは無い付加価値を強化し、携帯電話事業に関する環境の変化やバランスを取りながら、今後は新たな5Gの時代の変化に対応した遠隔デバイス等やAI、遠隔IOT商材が益々増えてくる中、今期では4Gレベルでも遠隔デバイスを体験頂けるスマートホームの体験等、他のショップではご体験出来ない事もお客様へご体験頂ける準備を進めており、日々進化する移動体通信携帯電話の家計負担軽減と共に様々な物に対応した料金プラン等含め、今後スマートフォンが遠隔操作でお客様に取って欠かす事が必要である時代の変化と明るい未来を随時お伝えしたいと考えております。他にも、札幌ドームや全道スーパー等でのイベント体験等も企画させて頂く予定でおります。
 
 その他、IR法案に関係するアプリケーションもリリースを開始致しました。遠隔で人気のあるドローン等のDJI社の機体を使用したイベントも、弊社は国土交通省より許認可を頂き、一般の方では飛ばす事が出来ない場所から弊社の店舗の敷地からお客様へお披露目する楽しい企画や携帯電話の家計負担軽減だけではなくスマートカー(遠隔デバイスを搭載)したデモカーでのスマホでの体験等、現時点で可能な遠隔デバイスを搭載した新しい車の家計負担軽減まで、インターネットショッピング等含めを随時安心した時代の変革期に是非、当社のお店にご来店頂く事で様々な家計負担軽減のご提案から明るい未来のご紹介まで限られた店舗ではありますがお楽しみ頂ける様に努力し、今後も北海道民にとって便利で安心なショップ展開を社員と共にお客様へ安心を第一に、企業理念でもある「人を想う」という事をより一層強化して参ります。  
人と繋がる幸せ
ページトップへ

会社概要
  
会社概要|株式会社ウィルコミュニケーションズ会社概要|株式会社ウィルコミュニケーションズ


沿革
  
沿革|株式会社ウィルコミュニケーションズ沿革|株式会社ウィルコミュニケーションズ


企業理念
  
企業理念|株式会社ウィルコミュニケーションズ企業理念|株式会社ウィルコミュニケーションズ


代表挨拶
 
代表挨拶|株式会社ウィルコミュニケーションズ代表挨拶|株式会社ウィルコミュニケーションズ


所在地
 
本店所在地|株式会社ウィルコミュニケーションズ本店所在地|株式会社ウィルコミュニケーションズ


プライバシーポリシー
 
プライバシーポリシー|株式会社ウィルコミュニケーションズプライバシーポリシー|株式会社ウィルコミュニケーションズ


採用情報
 
採用情報|株式会社ウィルコミュニケーションズ採用情報|株式会社ウィルコミュニケーションズ